「職業」をテーマに真面目に考えてみよう

あなたの将来の夢は?好きなことを仕事にしましょうよ

働きやすい職場に就職したい

人気の職業は何でしょう?女性に人気の職業が様々ありますが、いったいどんな仕事があるのか調べてみたいと思います。
いろいろあって、例をあげれば「美容師」「事務系」「看護婦」「キャバクラ嬢」など。
数ある仕事の中から今回は、女性の感性を生かした「エステティシャン」について書きます。
人気の仕事「エステティシャン」になるには、特に重要な試験はないんですよね。でも、エステティシャンはお客様の体に触れるため、ちゃんと知識を勉強しておく必要があります。エステティシャンとして、美容に関する知識はもちろんのこと、人間の体に対することのいろいろな知識が必要となってくるでしょう。エステについて学ぶことができる専門学校や、エステ養成学校で勉強するのもアリですね。いきなり務めるというパターンもあります。現場に出てそこでエステティシャンの知識や技術をしっかり学びながらそのままそこで就職というのもあります。働く女性のためにこれからもドンドン女性に人気の職業を調べて紹介していきたいと思います。
あなたの夢の職業は何ですか?いずれにせよ、自分の夢が職業になる人なんて数パーセントですから。「どんな職業があるのかな、ぐらい」で読んでください。

美容師ってハードですよ

将来は「美容師」になりたいという方は多いのではないでしょうか?
カリスマ美容師って今も存在するのかな。美容師の職に就くには専門の学校で多くを学ばなければいけません。そこを卒業出来て、やっと試験が受けられる資格が得られるのです。自動車免許と同じようなもので筆記と実技をクリアして資格が手に入ることができます。そこでやっとスタートラインに立つことになるのです。
まずは見習いからで、シャンプーや掃除などのお仕事です。1日中の立ちっぱなしの仕事ですから、体力が必要なお仕事です。また、美容師というものは見習い期間が異常なほど長いということも覚えておきましょう。期間は美容院によってさまざまでしょうが、その修業のような期間を耐えに耐えなければいけません。美容院によって、お値段格安で新人さんがカットという美容院もあるようです。いろんな経験、知識を勉強して、初めて「美容師」として認められるというわけです。

プログラマーは学ぶことが多いですね

「プログラマー」という職業は学ぶことがたくさんあって、そう簡単にはいかないのです。
ネットのシステムは知識がないと戦えないのです。さらに、技術の進歩も数段に速く、そのスピードについていくため日夜、勉強していく必要があります。でも、プログラマーになる前から頑張って覚える必要はありません。プログラマーとして就職し仕事を始めたら、毎日プログラムに携わっていくことになるので、嫌でも自然と覚えていきます。プログラマーは、プログラムに関する知識より、国語力が問われることがあります。いくらプログラムを作れる能力が高くあっても、国語力、読解力がないとクライアントの意向とかけ離れたとんでもないものを作ってしまいますからね。そのためには積極的にどんなジャンルの本でも読むようにしましょう。プログラマー限定ではなく、どんな職業で働く上でも共通して必要なのが「コミュニケーション能力」ですね。コミュニケーション能力は、いろんなことをたくさん経験することで実になるので視野を広く持って何事にも興味を持つようにすると良いのではないでしょうか。

保育士って素晴らしい職業ですね

女性なら「保育士」という職業に一度くらいは憧れるのではないでしょうか。夢がある職業のひとつだと思います。
この職業はたいへんな仕事で表向きは子供たちに囲まれて華やかな印象ですが、幼児期の子供の憧れの的、お手本になる行動が必要で意外と大変ハードな職業だといえます。常にお手本が基本姿勢だと思ってください。そして、平等に子供達に接しなければいけないこともお忘れなく。これがなかなか難しく上手に立ち回らなければクレームの嵐になりかねないですからね。保育士さんは体力的にもタフでなければ務まらないと思います。

学校の先生(教師)になろう。公務員も人気です

公務員は安定した職業として人気ですよね。中でも「教師」という職業は大人気なのです。想像してみてください。先生と呼ばれる職業はいろいろありますが、まず最初にイメージするのは、学校の先生ではないでしょうか。お医者さんって方もいるかな。教師という職業も「教育職員免許」が必要になるので、一生懸命勉強して頑張らないと難しいと思いますね。まずは練習がてら家庭教師のアルバイトなんていいかもしれません。

「パティシエ」洋菓子&ケーキ作りの達人

「パティシエ」という職業もいいですね。
職人気質の高い職業だといわれていますから、その道は険しく狭き門なのかもしれません。
西欧(欧米)諸国のケーキやクッキーなどは、世界中でダントツ人気のお菓子であり、日本でも洋菓子人気があって「パティシエ」という職業への人気に火が着きました。
パティシエの仕事は、ほぼ手作業で作るので、豊富な知識や経験がある達人クラスの実力が必要で、何年修行したかで腕も変わります。味覚、視覚的のセンスも必要で、手先が器用な方はパティシエに向いてるでしょう。パティシエを極める。パティシエは、弟子入りして修行を積むのが王道なのですが、その前にまずは資格が必要になるので専門学校からスタートするのが一般的です。有名ホテルや人気レストランなど、お菓子作りに携わる仕事に就職、転職するほか、腕次第で個人で開業(企業)することも可能な夢の職業です。でも「パティシエ」だからといってケーキやお菓子が食べ放題の職業ではありませんよ。